スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見てきたよ~(^^)/  『犬と猫と人間と』
2009年10月30日 (金) | 編集 |
以前から紹介させていただいていた
犬と猫と人間と』 を見て来まちた~(^^)/


犬と猫とチラシ

イギリス

サッ処分数


過去の記事 ↓

http://blogs.yahoo.co.jp/tobuneko_dou/19440848.html
http://blogs.yahoo.co.jp/tobuneko_dou/21877711.html



ちょっと体調がよくなったからって
調子に乗って出歩いたせいで 風邪が悪化したとの説もありましゅがwww(--;



10月17日(土)PM1:10位からの回を見ました

何故その時間にしたのかと言うと
その次の4:10位からの回は上映後 
監督さんと作家の渡辺眞子さんのトークショーが
予定されていたので 多分お客さんが来るならそちらの方がいっぱい来るだろうと

だったらあまりお客さんが入りそうもない時間帯にあえて行こうと思いましてwww



案の定 上映が終わって会場を出たら長蛇の列で ビックリw(@0@)w

これだけの人が見に来てくれてるならよかったにゃ~
と胸をなでおろしたのでごじゃいましゅw



それにしても 分かりづらい場所にあって参ったよ~(@@;
うっかりラブホテル街に紛れ込んで
猫怪人と2人 かなり気まずい感じにはなるはw 足は痛くなるは…(--;

行かれる予定の方は気を付けてにゃ~(^^)///


※もし渋谷ユーロスペースに行かれるのなら、渋谷駅からは
東急百貨店のほうに向かったほうが、断然分かりやすいと思います!!!
道玄坂からはサッパリでかなり迷ってしまい、いったん駅に引き返しました(^^;






さて 肝心の映画の内容の方でしゅが
細かいあらすじの方は割愛させて頂ましゅ


やっぱり 自分の目で見て欲しいんでしゅ~
そのかわり 主な登場人物?でしゅ



稲葉恵子さん すべてはこの方から始まりました

稲葉恵子さん




人間が大好きで大好きで 大好きすぎて問題行動ばかり起こしてしまう「しろえもん」
胸が締め付けられるほど可愛い♪ 

しろえもん




あの「崖っぷち犬」に群がる日本人メディアの様相を その後ろからレポート

崖っぷち犬の裏




数百匹の放置された犬を 数人で月2万円の生活(電気・ガス無し!)で保護する男性と
立ち上がった地元の大学生たち (この子はそのリーダーで もう4年携わっているとか)

立ち上がる大学生たち

「愛護団体は寄付の募集後 二度と来ないことが多い」
「報道されたときだけ人は集まってきて そのあと忘れてしまう」
という話が とても印象的でした




マルコ・ブルーノさん
訪日時、あまりにも日本の動物たちの劣悪な扱われ方に憤慨され
日本で動物保護活動をされている方
マルコ・ブルーノさん
海外の方に心配されるなんて 情けないですね…





前川博司さん
日本動物愛護協会病院(今は閉鎖)の元病院長で 
日本の動物愛護の基礎を築いた方
前川博司さん




団地近くの空き地で 捨て犬達を保護してる子供達

団地の子供達

命の暖かさと 別れのつらさを経験してるこの子達は
将来はきっと優しい大人になってくれると思いましゅ





ココには画像がにゃいでしゅが
忘れちゃいけにゃいのが
愛護センターに出入りしてる野良にゃんこの「にゃんだぼ」
も~~~~~~~むっちゃ ふてぶてしくて
愛嬌たっぷりで たくましくて 最高にゃんでしゅよ~(><)///




トークショーは 今後も予定されているようでしゅよ


●11月5日(木) 13:40の回上映後
ゲスト:杉本彩さん(女優/作家)×飯田基晴監督

●11月8日(日) 16:10の回上映後
ゲスト:マルコ・ブルーノさん(出演者)×飯田基晴監督

●11月14日(土) 16:10の回上映後
ゲスト:穴澤賢さん(ブログ「富士丸な日々」)×飯田基晴監督

●11月15日(日) 16:10の回上映後
ゲスト:土屋トカチさん、常田高志さん、飯田基晴監督
(本作品の製作、映像グループローポジションのスタッフ)




興味のある方はこちらから

     ↓

犬と猫と人間と」公式サイト
http://www.inunekoningen.com/
映画館ユーロスペース
http://www.eurospace.co.jp/screening.html



稲葉さんイラスト





********** お知らせ **********


お友達のにゃん太さんの所で保護してる子にゃんこ

みんなお嫁入りしたそうでしゅ~~~!!!
よかったにゃ~♪


詳しくはこちらから~~~ → http://blogs.yahoo.co.jp/nasuweb_blog/30017731.html


**************************






猫雑貨のコミュニティを 探したけど無かったみたいなので
作ってみました^^;
よかったらご参加くださいぃぃぃ
FC2 猫雑貨が大好きだぁ~!(^0^)/  コミュニティ



ランキングに参加しているんです
ポチポチポチして頂けると とっても喜びます
わぁ~い゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ 人気ブログランキングへ 

拍手する FC2ブックマーク
スポンサーサイト
犬と猫と人間と
2009年09月29日 (火) | 編集 |
以前 別ブログでご紹介させていただいた

『犬と猫と人間と』 

のチラシが手に入ったので
記事にしましゅ


IMG_0002-1_20090928235016.jpg





『やっぱり何かを可愛がりたいんじゃないかしらねぇ。

人も好きですけど、人間よりマシみたい。動物のほうが』



映画を作るきっかけは 1人の猫好きなお婆さん からの申し出だったそうです
「きっかけは猫おばあちゃんだった」 2008.1.1 飯田監督のブログより)


「もうすぐ自分の生命保険が下りるので
それを使って映画を作って欲しい。
子供も大人も見れて
(犬や猫が)
かわいそうだ、大切に育てよう。
そう思ってくれるのが一番早い と思ったから」


簡単に言ってるように聞こえるけど
これってすごいことだと思います


監督さんは最初 半信半疑だったそうです
まったくの個人が ドキュメンタリー映画の製作を依頼してくる なんてことは
聞いた事も無いことでしたから

そもそも動物のことなんてこれまで関心もなかった。そんな僕に何を撮れというのだ。とも

それでも おばあさんの本気の想いを聞き
個人の自主製作でやられてきた監督さんにとってはけっこうな大金で 断る理由もなく
ただ知らない分野だけに 完成まで3年欲しいとだけ約束させて貰って
取り掛かられたそうです



この映画には 沢山のつらい場面も出てくるそうです


野良猫の保護をしたら お母さんのお腹にはもうすでに赤ちゃんが入っていた
それでも 手術を選択するしかなかった…
飯田監督が 取り出されたあたたかな
胎児を手でふれて・・・涙ぐまれた場面もあったそうです


それでも やっぱり目をそらさずに見て欲しい
まずは 知る事からはじめて欲しいと思うのです



捨て猫を拾って家族にしたり、ノラちゃんの世話をしていたり
または、ペットショップで出会って家族として迎えている方も
それぞれだと思います
どんな形にせよ、大切な家族として終生共に寄り添えればいいのです



でも それでも現実は
不幸にも捨てられて殺処分の運命にある猫と犬たちがいて
この日本だけでも毎日約1000頭もの命がガス室で絶たれているんです

ペットショップで 物のように売られ、買い、飽きたら捨てる
平気で捨てる人間がいれば、捨てられた子を日夜救出、保護活動に
奔走するたくさんの心ある人々もいます


命の重さなど微塵も感じず
虐待する人たちだって後を絶ちません



でも…
だからこそ



知って欲しい 見て欲しい
どうか目をそらさずに 向き合って欲しいと
そしてこの映画が このブログが
この出会いが そういったきっかけの一端になってくれればと
切に切に 心から願わずにはいられません


そして この出会いで もしもあなたが何か感じたなら
あなたの隣にいる誰かさんに
そっと話して欲しいと思います

そのあなたの想いが 小さな命を救う
大きな戦いへと 繋がっていくのではないかと思います…




『人間にもっとも身近な動物である犬と猫が
平和に安全に暮らせる社会は、
きっと人にも優しいはず。』  作家 渡辺眞子さん





なんだか 普段のオチャラケキャラではなくなってしましましたww(^^;




10月10日(日)からのロードショーですが、最終日は未定です
観客数が少ないと、早めに打ち切られてしまうそうなのです
たくさんお方の応援をお願いしたいのです
よろしくです~ (^^)///

PS この記事に関しては 転載 コピー リンク
   ニャンでもありありでしゅ
   1人でもたくさんの人に知って欲しいから…


お友達にも是非紹介してあげてくだしゃいにゃ(^^)/


「きっかけは猫おばあちゃんだった」 2008.1.1 飯田監督のブログより
http://lowposi.jugem.jp/?eid=25

「犬と猫と人間と」公式サイト
http://www.inunekoningen.com/

映画館ユーロスペース
http://www.eurospace.co.jp/few_days.html

テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。